SmallWoods Applications

  • デモサイト
  • お問い合わせ

SmallWoods のすすめ



 成長指向中小企業のIT活用を支援する業務ソリューション

SmallWoodsが提供するアプリケーションは、中小企業向けに企画された業務システムソリューションです。
業務機能、組織成熟度、情報リテラシー、コストなど、これからを目指す成長指向中小企業の限られたリソースに配慮し、冗長性を排除した最適化を意識して設計されています。



 ビジネスステージを飛躍させる純粋Webシステム

SmallWoods Applications は、これからの成長中小企業に向けてご提案する、インターネット時代の基幹業務実証基盤であるJavaベースの純粋Webシステムです。
利用ユーザ端末に必要な環境は汎用的なWebブラウザのみで、インターネット接続環境さえあれば特別な設備を必要とすることなく、どこからでもアクセス可能です。
インターネットと融合した新しいWeb基幹システムは、ビジネスステージの飛躍に多くの可能性を提供します。



ノンプログラミング超高速開発ツールの採用

SmallWoodsが提供するアプリケーションは、従来型の人手によるプログラム開発を一切排除しています。
全てのプログラムは、近年注目を浴びている「超高速開発」(*)と呼ばれる、プログラム自動生成ツールによって開発しています。
この圧倒的な生産性と安定性により、費用面、品質面、開発期間等、これまでの人月ベースのプロジェクト方式とは一線を画します。



 カスタマイズ型オーダーシステム

パッケージはノンカスタマイズでその価値を享受することができます。従って、まずは自社業務がパッケージで実現可能かどうかの検討をすることは価値のあるアプローチです。
ただその結果、自社業務に合わないところを安易にカスタマイズの選択をしてしまうと、その費用はもとより、その時点でシステムの進化も停止してしまい、パッケージ本来の価値を生かせなくなることになります。

SmallWoods Applications はあくまで「ひな形」で、お客様独自の業務要件に応じたカスタマイズを前提としています。
超高速開発における「カスタマイズ」とは、費用面・工数面においてパッケージでいうところの「パラメータ設定」の感覚です。
パッケージのパラメータ設定と異なるところは、パッケージは如何に多くの企業のニーズに適合するかの機能網羅スタンスなので、個々のお客様から見た場合は冗長的で肥大化したシステムになってしまう傾向があります。 またそのあらかじめ用意されたパラメータは、そのパッケージベンダーのこれまでの経験や、机上でのあるべき論的な範囲を超えることはありません。これはどんなに高価なERP、どんなにベストセラーのパッケージでも、その仕組み上同じことが言えるかと思います。
その意味では、御社がひとまず標準的なビジネスプロセス(世間ではどうしているか)を経験したいという場合はパッケージの選択は正しいかも知れません。

SmallWoodsは当社自身も想定し得ないお客様固有の業務要件を、パッケージのパラメータ感覚でシステムに反映しようとする試みです。ただそのためには、お客様自身にビジネス戦略としての、ITに対する明確なニーズやウォンツがあることが重要になります。

 業務要件に注力した業務設計中心開発

一般的なシステム開発において最も期間と費用がかかるのはプログラム作成フェーズです。このため業務設計やデータモデル設計に費やされるリソースは結果的に制限されてしまいます。
SmallWoods Applications の開発では、プログラムは人手の約10倍の生産性で設計情報からツールによって自動生成されます。
従ってプログラム作成等の下流のフェーズを気にすることなく、本来の目的である業務要件に注力した、上流設計フェーズのウェイトを高めることを可能にします。



 モバイルにも容易に対応

SmallWoods はモバイルデバイス用に特別な仕組みを構築する必要がないため、必要な業務を容易にモバイル化することが可能です。
機種やメーカーに依存することもないため、PCだけでなくスマートフォンやタブレットなど、多様なビジネスシーンにも柔軟な稼働環境を提供します。



 情報共有の加速化

SmallWoods ではすべての情報は一元管理され、場所や時間に関係なくアクセスが可能です。
また、社内への情報発信活性化と情報共有の促進を図るポータルサイトや、業務機能と一体化したメール送受信などのコミュニケーションツールも容易に組み込めるので、社内外の情報の共有化、迅速化を図ることが可能になります。



 お客様固有の強みを最大化する貴社独自のシステム

定型的なパッケージやクラウドサービスに業務を合わせるということは、自社のコアコンピタンスも一般化することになります。
パッケージやクラウドサービスが示唆する「理想企業としてのあるべき姿」は、ビジネス的にバリエーションの多い中小企業にとっては、現実性に乏しい側面があります。
会計や給与など、法律の影響を強く受ける汎用的な業務はパッケージやクラウドサービスの採用、一方、他社との差別化が重要となる基幹業務は自社独自のシステムといったような、戦略的な選択が必要な時代になってきています。
SmallWoodsはパッケージやクラウドサービスが指向する最大公約数的ベストプラクティスの分野ではなく、お客様個々のビジネス環境に鑑みて、お客様固有の強みを最大化することを目指すアプローチです。

 陳腐化のない永続的に進化するシステム

常に流動的なビジネス環境を支える企業の基幹業務システムは、初期導入の時点で完成ではなく、ビジネス環境に応じてその都度変化していくことが求められます。

システム再構築の動機として、OS(基本ソフト)をはじめとした技術基盤の陳腐化への対応というのが多くみられます。
本来はビジネス環境の変化という高度な要求に基づいたものであるべきと思われますが、ビジネスとは希薄な理由でふたたび膨大な資金的・人的リソースの投入を強いられている再構築プロジェクトも多くみられます。
SmallWoods Applications はプログラム自動生成ツールの採用により、インフラ基盤の進化にも即時に吸収できるため、お客様のシステムはビジネス環境の変化に応じて、陳腐化することなく永続的に進化することになります。



 低コスト短期導入

SmallWoods Applications は、標準的な業務プロセスを定義した、「実際に動く」Webシステムがテンプレートとしてあらかじめ用意されています。
この標準システムを動かしながら自社業務とのギャップやニーズを評価頂き、そのままで利用可能と判断された場合はすぐにお使いいただけます。
ギャップや追加機能が発生した場合、またはテンプレートとして用意できない貴社独自の業務分野も、「超高速開発」ツールの圧倒的な生産性によって、短期・低コストで吸収することが可能です。




(*)「超高速開発」については下記を参照ください。
・「超高速開発」が日本を救う[ITPro]
・あなたの知らない超高速開発[ITPro]
・システムを2週間で作る[日経SYSTEMS]
・超高速開発が企業システムに革命を起こす[日経BP社]
・超高速開発コミュニティ[xRAD]

・超高速開発ツール[Wagby-ワグビィ]